パナソニック 銀座に美容家電の専門店オープンへ – NHK



パナソニック 銀座に美容家電の専門店オープンへ | NHKニュース – NHK

大手電機メーカーのパナソニックは蒸気や超音波で肌をケアする美顔器など市場が拡大しているいわゆる「美容家電」の専門店を東京・銀座にオープンすることになり、12日、店内が公開されました。

この美容家電の専門店は東京・銀座の高級ブランドの直営店などが建ち並ぶ1等地に今月15日にオープンします。

店はビルの1階から4階までを占め、「美顔器」と呼ばれる蒸気や超音波などで肌に潤いを与えたりケアしたりする製品をはじめ、イオンの効果で髪を傷めずに乾かせるというドライヤーなどおよそ30種類の美容家電が並べられ、実際に体験することができます。

また、フロアにはデパートの化粧品売り場のようにアドバイザーが常駐し、美容の相談に無料で応じます。

パナソニックの美容家電の売り上げは昨年度は、本格的に販売を始めた2008年度に比べておよそ40%伸びたということです。

美容やファッションへの関心が高い人が集まる銀座に店を出すことで美容家電に触れてもらう機会を作って売り上げの拡大を図るとともに、会社全体のブランド力を高める効果も期待しています。

パナソニックの河野明執行役員は「一般の家電は買い替えの需要しかない中、美容家電は新しい製品が新しい需要を呼び起こし、限りない可能性がある。銀座という場所でブランド価値を上げていきたい」と話しています。

メーカー各社は、女性の社会進出に伴って自宅で手軽に使える美容家電は今後も需要の拡大が見込めるとして、開発や販売に力を入れています。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す