ちゃんぽん界の二郎!? 「博多慶州銀座店」のちゃんぽんの盛りが銀座とは思えないコスパの良さで感動した – BLOGOS



福岡名物のひとつ「もつ鍋」。福岡には数々のもつ鍋の名店があるそうなのですが、その一つが博多の「慶州」というお店。銀座をはじめとして支店が都内にも数店あります。

そして、長崎発祥のちゃんぽんは福岡でも人気。博多慶州銀座店ではなんと、ランチタイムには「気前のよすぎる盛りのちゃんぽん」が提供されているのだとか!もちろん本場のもつ鍋もランチではかなりリーズナブルな値段でいただけるそう。早速噂の銀座店に行ってまいりました!

盛りすぎ!本格ちゃんぽんがデカ盛りすぎる

お店に入り、さっそくウワサのランチセット(チャンポン)を注文!すると出てきたのは・・・

f:id:foodcreative:20170331170959j:plain

限界まで盛られたもやし。もはや職人芸の粋です。

f:id:foodcreative:20170331171000j:plain

大きさがわかるよう、つまようじ入れと比べてみました。これで850円税込はコスパ良すぎでは・・・?

横から見てもわかるデカ盛りっぷりに、グルメライターの血が騒ぎます・・・!

f:id:foodcreative:20170331171001j:plain

もやしをめくると見える麺は正統派ちゃんぽん麺!

一口いただいてみると、コシを保ちつつ硬すぎない絶妙な茹で加減です!ラーメンをイメージすると太麺の部類かもしれませんが、このくらいでないとちゃんぽんって感じがしませんね。

もやしたっぷりながら、肉やカマボコといった具材もたくさん入っていて、麺と一緒に噛みしめるのは至福の瞬間!

このままでも十分完食できるほどにおいしいのですが・・・

f:id:foodcreative:20170331171002j:plain

こちらの調味料で味変しながら楽しむことができます!

一番左は、輪切りのとうがらし、真ん中がお酢、右が明太子です!

f:id:foodcreative:20170331171003j:plain

さっそく味変!唐辛子を入れたちゃんぽんは、辛党の人でも満足すること間違いなしの味わいです。唐辛子のピリ辛な刺激は、もやしのシャキシャキとした食感との相性抜群ですね。

f:id:foodcreative:20170331171004j:plain

ちゃんぽんにお酢を加えるのは初体験でしたが・・・これがウマい!くれぐれも入れすぎは厳禁ですが、ほどよく入ったお酢は全体の印象をさっぱりとさせてくれて、お酢だけでも一杯ぺろりといけちゃいそうです。

f:id:foodcreative:20170331171005j:plain

博多名物の代名詞!明太子。この明太子だけでもおいしいのに、ちゃんぽんと組み合わせたらもっとおいしいに決まってます!
明太子らしい塩気、ピリ辛さがありながら、同時に甘みも感じられる味で、スープに奥深さを与えてくれます。麺をすすったあとに鼻を抜けて行く海の幸の香りがうれしすぎる味変ですね。

繰り返しますがこれで税込780円はコスパ良すぎです。

名店のもつ鍋定食が、ランチなら1,000円だと・・・!?

こちらの「慶州」さんはもつ鍋の名店。そのもつ鍋が、なんとランチなら1,000円でいただけるんです!

f:id:foodcreative:20170331171006j:plain

f:id:foodcreative:20170331171007j:plain

こちらがもつ鍋ランチの全貌!こんなにしっかりとしたもつ鍋、1,000円でいただいちゃっていいんでしょうか・・・!?

f:id:foodcreative:20170331171008j:plain

まったく臭みがなく、ぷりっとした食感のもつは、噛めば噛むほど味が出ます!脂がもつ甘さが舌の上にじゅわーっと広がる感覚は、上質なもつでしか味わえませんね。食感をのこしつつ柔らかく煮込まれたキャベツも甘さを感じられて、もつと一緒に口に運ぶと最高の味わいを楽しめます。

f:id:foodcreative:20170331171009j:plain

もつ鍋に舌鼓を打っていると、ふと目に入ったのがメニューの「ちょこっとカレー」(100円)。

100円という手軽さに惹かれて、ついついもつ鍋と組み合わせて食べてみたくなってしまいました・・・!

f:id:foodcreative:20170331171010j:plain

こちらが勝手に味変した、もつカレー!ジューシーなもつから溢れ出す脂が口の中でカレールーと溶け合います。もつ自体の味がしっかりするのと、くさみがないのでカレーと全くケンカすることなく馴染んでくれますね。

慶州 銀座店ってどこにあるの?

f:id:foodcreative:20170331171011j:plain

東京メトロ日比谷線「東銀座」駅のA7出口を出て振り返ると、「東銀座三丁目」という交差点が見えます。交差点を左に曲がり、「松屋通り」という看板沿いに、しばらくまっすぐ進むと、博多慶州 銀座店の看板が見えてきます。
もちろん銀座駅からも近く10分も歩かずに着けますよ。

博多慶州はその名の通り、博多に本社を置く名店。食通が足繁く通うほどの人気店なのだとか。その味が東京でもいただけるとなれば、これは食べてみたくなりますよね…!

ちゃんぽんや1,000円でいただけるもつ鍋はランチ限定ですが、夜の時間帯ももちろん最高のもつ鍋や、水炊きを頂くことができます。

f:id:foodcreative:20170331171012j:plain

もつ鍋というとどうしても居酒屋メニュー的なイメージがある方もいるかもしれませんが、慶州銀座店では、店内は整然として清潔感があり、完全個室や20名まで入れる掘りごたつのお座敷席もあるので、お客さんを連れて行っても喜ばれる気品が漂っています。

それでいて、銀座とは思えないリーズナブルな価格でお料理がいただけるんです。ランチでも夜でも、銀座に立ち寄った際はぜひ足を運んでみてください!

紹介したお店

博多 慶州 銀座
TEL:03-6226-4566
住所:東京都中央区銀座3-14-8 松宏ビル1F

r.gnavi.co.jp

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/foodcreative/20170228/20170228204436.jpg

上瀧 将郎(じょうたき まさお)

料理研究家・小説家。
大学時代に小説を出版、ライティング業で学費の一部を稼ぐ。某大手メーカーを退職後、現在は料理研究家の道を邁進中。
料理を始めたきっかけは、小学生のときに共働きの両親の為に夕食を作ったとき、とても喜んでもらえたことがうれしかったから。その後、高校時代に1年間単身アメリカに留学したことで、日本の食を大切にするための仕事をしたいという思いがいっそう強まり、料理研究家への道を歩み始めた。
理念は「世界に1つでも多くの幸せな食卓を創り出す」こと。

Twitter:https://twitter.com/syokojiro
連載:バイトッツ!レシピコンテンツ「ジョーさんのジョー出来!」
著書:覇将の戦旗(KKベストセラーズ)

 (編集:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す