「スター・ウォーズ」1億円のビッグカレンダー登場 – GINZA TANAKA – マイナビニュース



田中貴金属ジュエリー(以下、GINZA TANAKA)は12月5日、「スター・ウォーズ」最新作の世界観を純金と純プラチナで表現した1億円のカレンダー「スター・ウォーズ/最後のジェダイ 純金・純プラチナビッグカレンダー2018」の販売を開始した。

純金・純プラチナ10kgを使用したカレンダー

同カレンダーは、12月5日公開となった「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」をモチーフにして作られたもので、純金約4.8kgと純プラチナ約5.2kgが使用されている。サイズは約152×70.5cmで、価格は税込み1億円。

カレンダーの表面には2018年の暦が、裏面には「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に登場する12のキャラクターがデザインされている。「フォース」の”ダークサイド(暗黒面)”は純金上に、”ライトサイド(光明面)”は純プラチナ上に分かれており、”ダークサイド”には、上から順にカイロ・レン、キャプテン・ファズマ、ファースト・オーダーストームトルーパー、ファースト・オーダー ストームトルーパー・エクセキューショナー、エリート・プレトリアン・ガード、スノークが描かれ、対する”ライトサイド”には、上から順にレイ、フィン、BB-8、チューバッカ、ポー・ダメロン、ルーク・スカイウォーカーが描かれているという。

GINZA TANAKAでは、2005年末以来、毎年純金か純プラチナのいずれかを用いたカレンダーを製作・販売しているが、純金と純プラチナを同時に使用したのは、今回が初めての試み。
なお、同銀座本店(12月6日~10日)での展示を皮切りに、全国の直営店でも巡回展示される予定となている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す