(福岡伸一の動的平衡)都会の隅に散らばる記憶 – 朝日新聞




 銀座にそびえ立つ新しい商業施設「GINZA SIX」。6階の大きな書店でトークイベントをした。対談相手は画家の諏訪敦さん。彼の作品は不気味だ。女性の裸身に血しぶきが散っていたり、表情の一部に髑髏(どくろ)が透けて見えたり。生は常に死を伴っており、死を伴っているからこそ生が生たりうる。話はあちこちに…
有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す