2018.8.5 銀座三丁目で爆破テロ発生!! 『ゴールデン・ブラッド』第3回<ゴールデン・ブラッド> – エキサイトニュース



大好評発売中!! 科学の進歩と人の生き様を描く、慟哭必至の医療ミステリ小説『ゴールデン・ブラッド』(内藤了・著)。無料試し読み第3回です!(前回まではコチラから)

炎天下で、東京五輪プレマラソンの号砲が鳴る。
観衆や関係者でごったがえす銀座でそれは起きた。

  * * *

 来る2020年、東京都はオリンピック パラリンピック競技大会の開催を予定している。真夏の大都会は酷暑が予測されており、ランナーの体調不良を特に危惧するのがマラソンだ。都心部の平均気温は年々上昇しているし、ビルやアスファルトの放射熱、日本特有の湿度がランナーを過酷な状況に追い込むとされる。炎天下で行われるロードレースは観衆からも傷病者を出す可能性が高いため、都やオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は安全なレース運営を模索し続けているのだった。

 この日開催予定の『東京五輪プレマラソン』は、五輪マラソンが行われる予定の8月上旬を開催日に選び、近しいルートでデータを集積、本番の大会運営に反映させようという試みで開催されるものだった。建設中の新国立競技場付近をスタートして、皇居前、東京タワーを経由して浅草で折り返すモデルコースに挑むのは、市民マラソンの常連で上位入賞経験もあるランナーから抽選で選ばれた精鋭と、五輪本番の出場を目指すランナーたち、防犯上の理由からコースを下見するランニング・ポリスや、一部関係者だ。東京都が五輪コマーシャルのために呼んだタレントや、ゆるキャラマスコットなどは、応援団としてスタート地点から声援を送ることになっている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す