本田翼:ノルディック柄ニットでウールアピール パンツには秋の流行色も – MANTANWEB(まんたんウェブ)



 モデルで女優の本田翼さんが17日、東京・銀座の「GINZA SIX」で開かれたイベント「GINZA FASHION WEEK」のファッションショーとオープニングセレモニーに出席。ノルディック柄のニットと、パンツを組み合わせたファッションで登場した本田さんは、「ウール100%のニットをメインにコーディネートしました。パンツは、秋にはやるブラウン系のカラーを合わせました」と自身のファッションについて語った。

 ニットは高級ウール「メリノウール」が使われており、本田さんは「着心地がいいです!」とアピール。ウールを使ったファッションについて聞かれると、「チェスターコートはいいんじゃないでしょうか。ストリートっぽいものが春に流行していたけれど、秋になって格好良いものが増えた」と話し、銀座で「ウールを使ったコートを着て、町をさっそうと歩きたい」と語っていた。

 「GINZA FASHION WEEK」は、2011年の東日本大震災をきっかけに「世界のGINZAからファッションで日本を元気にする」をテーマに掲げて年2回開催されており、今回で13回目。松屋銀座と銀座三越などでイベントを実施する。この日は、メリノウールの価値を広める活動をしているザ・ウールマーク・カンパニーがサポートし、ファッションショーとオープニングセレモニーが行われた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す