バリー銀座店1周年記念「A Taste of Bally」開催 | ガジェット通信 – ガジェット通信




スイスで創業したラグジュアリーブランド「バリー」。2016年3月末、東京・銀座にオープンした旗艦店の1周年を祝い、4月9日(日)、世界で活躍するジャニス・ウォンを迎え、食とアートを融合させたスイート・ワンダーランド「A Taste of Bally」を開催する。


五感で楽しめるこの会場では、世界で活躍するジャニス・ウォンのレストランチケットや、バリーの商品が当たる抽選会を開催。来場者全員が参加できる。開催時間は11時~21時 (最終入場20時)、バリー銀座店2階にて。

ジャニス・ウォンは、2007年にシンガポールで、アシェットデセール(皿盛りのデザート)とお酒を提供するデザートバー「2am:dessertbar」をオープンさせ、新たなデザートのスタイルを確立。新たな味覚に対する探究心やデザイン性が高く評価され、活動拠点はニューヨークやオーストラリアなど、ワールドワイドに拡大、世界中のセレブから注目を集めている新進気鋭の女性シェフだ。2013年、14年の2年連続でアジアNo.1パティシエに。また、2016年には新宿に「ジャニス・ウォンデザートバー」をオープンさせている。

■『バリー銀座店』
住所:東京都中央区銀座5丁目2-1、東急プラザ銀座内




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す