銀座 蔦屋書店トークイベント「銀座 美術夜話会」中野京子とベストセラー「怖い絵」を読み解く – 東京アートビート (ブログ)



「恐怖」に焦点を当て、絵画の時代背景や物語から絵画を読み解いていく中野京子のべストセラー本『怖い絵』の展覧会が、10月7日(土)〜12月18日(日)に上野の森美術館にて開催される。

中野京子

展覧会では「怖い絵 泣く女篇」の表紙でもある、ロンドン・ナショナル・ギャラリーの至宝《レディ・ジェーン・グレイの処刑》をはじめ、本書に掲載されている作品、展覧会のために選ばれた作品が多数展示される。

この展覧会の開催直前となる9月29日(金)、銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACEにて、中野京子を迎えてのトークイベントが「銀座 美術夜話会」として開催される。イベントでは、出品作品の中でも中野が特に「怖い」と感じられる作品を選び、じっくりと読み解いていく。

「美術は自由に見ればよい」という反面、時代背景や舞台裏、隠された物語を読み解いていくことでさらに楽しめる面もある。あの絵画はいったい何の場面なのだろう、この美女はなぜこんなに悲しい顔をしているのだろう、これは何の怪物または悪魔なのだろうーー知識を携えることで、感性だけで鑑賞していたときとは違う発見、感動、刺激が得られることを促す。

トークイベントの参加には、「怖い絵」展入場券付き参加券(3500円/税込)を電話・店頭・オンラインで購入する必要があり、定員は50名。トークイベント終了後には、銀座 蔦屋書店で著書(1人2冊まで)を購入した人を対象にサイン会が開催される。

「銀座 美術夜話会」とは、銀座 蔦屋書店が展覧会・美術館をもっと身近に楽しんでほしいという想いから開催する、学芸員をはじめ、アーティストや批評家など、展覧会に関わるさまざまな人を招き、展覧会について語り合うトークイベント。参加者に展覧会を楽しむための新しい視点を与えることを目的とし、展覧会の見所や舞台裏、美術家や美術史についてなど、さまざまなテーマから展覧会にアプローチしていく。

■イベント詳細
日時:2017年9月29日(金) 19:30~21:00
場所:銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE
定員:50名
主催:銀座 蔦屋書店
問い合わせ先:03-3575-7755
申込み方法
電話:03-3575-7755
店頭・オンラインショップ(※オンラインショップでの受付は9月27日(水)午前9時の受注分まで)
https://store.tsite.jp/ginza/event/art/776-1209200829.html

■展覧会情報
「怖い絵」展公式ウェブサイト:http://www.kowaie.com/
兵庫県立美術館(2017年7月22日~9月18日開催)
上野の森美術館(2017年10月7日~12月17日開催)

執筆:中井千尋 編集:岡徳之(Livit)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す