銀座線に日比谷線!東京メトロから新たな鉄道グッズ発売 – ウオーカープラス



銀座線旧2000形をモチーフにした「鉄道コレクション 営団地下鉄銀座線2000形」(9500円)、「日比谷線フェイスタオル」(1000円)、新デザイン「クリアファイル」(各250円)が9月12日(火)から地下鉄博物館や書泉グランデ(東京都千代田区神保町1-3-2)、書泉ブックタワー(東京都千代田区神田佐久間町1-11-1)、グッズショップ「メトロス 押上店」、ECサイト「メトロの缶詰」にて発売される。また、新宿丸井アネックス1階のイベントスペースに「メトロの缶詰in新宿」が9月1日(金)から9月10日(日)の期間限定で出店される。こちらでは9月1日(金)11:00からこれらの新商品を先行発売するほか、鉄道部品やオリジナルグッズが多数取り揃えられている。

すべての写真を見る(5件)

「鉄道コレクション 営団地下鉄銀座線2000形」は1959年から1963年まで104両製造された営団地下鉄の中でも、1981年頃に活躍していた、屋根が赤い塗装の2053号車を先頭にした6両セットだ。東京メトロオリジナル仕様として、転写式の車番シールで好みの車番をつけることができる。

「日比谷線フェイスタオル」は歴代の日比谷線車両(3000形、03系、13000系)をデザインした今治製のフェイスタオルとなっている。新しく仲間に加わった新型車両の13000系の前面シールがおまけについてくる。

定番メトログッズのクリアファイルは4作目で、デザインは銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、半蔵門線、副都心線の7種類を展開。表面はクリア素材で中の書類も確認することができる。どれも個数に限りがあるので、東京メトロファンは早めに手に入れたいところだ。

【ウォーカープラス編集部/末次延蔵】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す