ふわっふわな口当たり!和菓子の常識を覆す「DOU」の生どら焼きは東京土産の新定番 – ニコニコニュース



 どら焼きといえば、和菓子の定番。関西では、奈良の三笠山の形に似ていることから「三笠」と呼ばれることもあります。蜂蜜を入れて焼き上げたふんわりしたカステラ生地に、小豆あんを挟むという至極シンプルなこの和菓子は、多くの人が子どもの頃から慣れ親しんでいるはず。

 そんなどら焼きを現代風にアレンジしたのが、DOUの「生どら焼き」です。生キャラメル、生ドーナツなど、“生”と付くお菓子はトロリとした食感のイメージですが、この生どら焼きはこれまでの生菓子とはちょっと違います。一体どんなどらやきなのでしょうか?

スポンジケーキのようなふわふわ感が決め手

 DOUを手掛けるのは、焼きたてチーズタルト専門店「BAKE」や焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」をヒットさせたBAKE Inc.です。同社の中でも和菓子ブランドはDOUのみとなっており、これまでのBAKEが洋菓子ブランドのなかで培ってきた技術が活かされています。

 この生どら焼きの最大の特徴は、何といってもふんわりした生地。どらやきというよりも、スポンジケーキのような柔らかさがあり、その見た目だけでもこれまでの和菓子とは少し異なります。

パッと見た感じは、どら焼きというよりもパンケーキやブッセのよう。和菓子とは思えない
パッと見た感じは、どら焼きというよりもパンケーキやブッセのよう。和菓子とは思えない

 この生地は、卵黄と卵白を別々に泡立てる「別立て製法」で作られており、卵黄と卵白を共立てしたときに比べると、別立てのほうが気泡が入りやすいそうです。そして、店舗でしっかり蒸されているからこそ、この食感が生まれています。洋菓子の技術や店頭で作りたてを提供するというのは、BAKEブランドならではですね。

工場から直送された素材にひと手間を加え、できたてのスイーツを販売するBAKEならではのスタイルがここでも見られる
工場から直送された素材にひと手間を加え、できたてのスイーツを販売するBAKEならではのスタイルがここでも見られる

軽い生クリームと甘さ控えめなあんの組み合わせが絶妙

 なかに生クリームがたっぷり入っているのもDOUの生どら焼きの特徴です。「あんと生クリームなんて甘すぎるのでは?」と思うかもしれませんが、使用されている北海道産生クリームは乳脂肪分35度なので、とにかくさっぱりしています。舌触りもさらりとしていて、生地と一緒に口に運ぶと一瞬で消えなくなるんです。この軽さはどら焼きとは思えないほど!

カットした断面を見てみると、生クリームがたっぷり入っているのがわかる。このふわふわのホイップも生どら焼きの真骨頂だ
カットした断面を見てみると、生クリームがたっぷり入っているのがわかる。このふわふわのホイップも生どら焼きの真骨頂だ

 あんの甘さは控えめで、こちらは北海道十勝産の「雅」という小豆を使用しているそうです。ずっしり入っているというよりは、アクセントとして添えられているような感じなので、1個食べ終えると、その“軽さ”ですぐにもう1個食べたくなりました。

上品な甘さと紅い粒が特徴の「雅」は、ぜんざいやあんこ作りに向く小豆として知られる
上品な甘さと紅い粒が特徴の「雅」は、ぜんざいやあんこ作りに向く小豆として知られる

 この生どら焼きには、生クリームとあん以外に求肥も入っています。この求肥が全体的に軽やかな食感の生どら焼きのいいアクセントになっているんです。求肥には北海道産のもち米「はくちょうもち」を使用し、シロップなどを混ぜ込んで手作りしているそうです。なかに求肥を入っていると少し高級感があっていいですね。

手土産や帰省のお土産に選ぶのも良し

 ブランド名である「DOU」は、茶道や武道の「道(どう)」と英語で生地を意味する「ドウ(Dough)」を掛け合わせて命名されました。店舗の内装は、和菓子と洋菓子の調理器具として古くから使われてきた銅と大理石を用いて”和と洋の共鳴”を表現しているそうです。

あえて和菓子のイメージから離れたグラデーションデザインのパッケージは、今までにない新しい「生どら焼き」を提供したいという想いが込められている
あえて和菓子のイメージから離れたグラデーションデザインのパッケージは、今までにない新しい「生どら焼き」を提供したいという想いが込められている

 「生どら焼き」は1個324円(税込・以下同)、4個1,252円。また、サンド状ではなく1枚の生地の上に生クリームとあんと求肥を載せた「生どら焼き ミニ」は1個237円となっています。現在は池袋と新宿に店舗があり、今後は別の地域への出店も検討中なのだとか。

生どら焼き ミニはサイズが小ぶりなので、片手でも食べやすい。手土産として数を多く用意したいときに良さそう
生どら焼き ミニはサイズが小ぶりなので、片手でも食べやすい。手土産として数を多く用意したいときに良さそう

 生どら焼きは1個ずつ個包装されているので、手土産にもぴったりです。帰省時のお土産としてもおすすめなので、みんなでふわふわな食感を楽しんでみてください。



●SHOP INFO
DOU 池袋店
店名:DOU 池袋店

住:東京都豊島区西池袋1-1-21 東武池袋駅構内 B1F
TEL:03-5955-5380
営:10:00~22:00 ※12/31(日) は10:00~20:00

店名:DOU ルミネエスト新宿店

住:新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿 B1F
TEL:03-6273-0142
営:月~金11:00~22:00、土・日・祝10:30~21:30
https://namadorayaki.com/

●著者プロフィール
取材・文/今西絢美

編集プロダクション「ゴーズ」所属。デジタル製品やアプリなどIT関係の記事を執筆するかたわら、“おいしいものナビゲーター”として食にまつわる記事も執筆中。旅先でその土地ならではのローカルフードを探すのが好き。

食楽web

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す