有田の魅力展、2018年も開催へ 未来プロジェクト – 佐賀新聞



有田の魅力展の継続などを話し合った有田焼未来プロジェクト=西松浦郡有田町生涯学習センター
有田の魅力展の継続などを話し合った有田焼未来プロジェクト=西松浦郡有田町生涯学習センター

 有田焼業界や観光関係者、町などでつくる有田焼未来プロジェクト(深川一太代表)は25日、昨年の有田焼創業400年に合わせて全国を巡回して多彩な有田焼を紹介した「有田の魅力展」を継続し、来年6月に東京・東武百貨店池袋店で開くことを決めた。

 魅力展は人間国宝(重要無形文化財保持者)の井上萬二さんをはじめとする作家や、商社窯元の商品を展示。2015年9月から今年2月まで、全国の9百貨店で開催し、約31万人が来場した。

 西松浦郡有田町で開いた会合では、東武百貨店以外からも出展依頼があることが報告された。出席者からは若者が集まる複合商業施設など、百貨店以外への出展を期待する意見があり、今後、出展の可能性を探るとともに、有田焼ブランドの再構築に向けた方策や、焼き物を中心とした観光客増への取り組みを話し合う。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す