一体”AI”がどう役に立つのか?富士通がAI技術「Zinrai」17種類のオファリング提供 – ニフティニュース



経営学におけるMBAやビジネススクールでは実際のビジネスにおけるケースメソッドやケーススタディと呼ばれる具体的な事例に基づいた講義も学んでいくという。書店に足を運ぶと実際の企業における具体的な事例をもとにしたビジネスケースが描かれた関連書籍も並ぶ。ビジネスとAIがより近づくにつれて、このようなケースの集約が課題解決のためには重要になる。

富士通は16日、同社AI技術”Zinrai”(FUJITSU Human Centric AI Zinrai)が解決してきた課題を17種類に分類・カテゴリ化するオファリングメニューの提供を開始した。

約600件のAI活用の商談を抽出し、7つの領域(ナレッジ活用/コールセンター・問い合わせ窓口/職場・暮らし/社会インフラ/保守・保全/ものづくり/デジタルマーケティング)に区分。17種類の活用シーンとZinraiで利用する技術分野、費用の目安なども掲載されている。

富士通は30年以上にわたりAIに関連する知見、技術を研究しており200件を超えるAIに関連する特許出願を行っている。2015年11月にはAI関連技術や製品、サービスの体系化をZinraiブランドとして展開、2017年4月には「FUJITSU Cloud Service K5 Zinraiプラットフォームサービス」や「FUJITSU AIソリューション Zinraiディープラーニングシステム」などZinraiを用いたクラウドやディープラーニングシステムを提供。ユーザーや顧客とともに実証実験も数多く行っており、幅の広い分野におけるAI活用やニーズを捉えている。

同社では、多様な業種のユーザー顧客からの声を聞くなかで”AIで何が実現できるのか?””自社の課題でAIが解決できるのか?””コストや時間はどれくらいかかるのか?”といった声が多く寄せられており、AI活用シーンがまだ具現化されていないことをオファリング提供の背景として挙げている。

17種のオファリングメニューの一覧

なお、オファリングは11月17日にベルサール東京日本橋で開催される同社イベント「Fujitsu Insight 2017〜AI・IoTの最先端活用〜」でも紹介される予定だ。
(長岡弥太郎)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す