藤田観光は、なぜ「小涌園」を再開発するのか – 東洋経済オンライン



創業地「箱根」から始まるリゾート事業の攻勢

4月20日に開業した「箱根小涌園  天悠」は全室に個室露天風呂がつく。ベッドやシャワーを備えた旅館とホテルのハイブリッドのような作りとなっている(写真:藤田観光)

藤田観光の創業者・小川栄一の銅像が、「椿山荘東京」から「箱根小涌園」に移されたのは、つい最近のことだという。現在は有形文化財の建物で、グループ発祥の地「蕎麦 貴賓館」のそばにひっそりと置かれ、「箱根ホテル小涌園」を見下ろす位置に立っている。いま藤田観光はこの箱根を軸に攻勢の気炎をあげている。

藤田観光には3つの事業がある。「ホテル椿山荘東京」に代表される高級ホテルや婚礼や宴会場を運営するラグジュアリー&バンケット事業、箱根小涌園などのリゾート事業、宿泊に特化した「ワシントンホテル」「ホテルグレイスリー」を運営するWHG事業(ビジネスホテル事業)だ。

あの「ゴジラホテル新宿」も運営

2015年4月に開業した新宿東宝ビルには「ホテルグレイスリー」が入居した(撮影:風間仁一郎)

3事業の中で、堅調なのがビジネスホテルだ。2015年以後、ゴジラホテルとして有名になった「ホテルグレイスリー新宿」を筆頭に、グレイスリーブランドで京都や那覇など3軒を開業、今年も2軒の開業を予定する。

近年は高稼働や客室単価上昇を追い風に、グループ利益の大半を稼ぎ出すまで成長した。訪日観光客の増加が背景にある。また、不動産オーナーに建物を借りて運営を受託しているため、採算もよい。ビジネスホテルを今後10年の成長戦略の柱に据えて出店を加速している。

そして今般、着手し始めたのが、箱根小涌園に代表されるリゾート事業の改革だ。4月20日には箱根小涌園に高級旅館「天悠(てんゆう)」を開業した。

箱根小涌園はもともと関西の財閥である藤田家が1918年に建設、所有していた小涌谷の別荘に由来する。藤田観光の初代社長・小川栄一氏が1948年に譲り受け、旅館として開業。まさにここが藤田観光の発祥の地だ。1959年には現在も残る「箱根ホテル小涌園」もオープンした。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す