Nike より“平等性”を高らかに謳う新作 Air Force 1 & Air Jordan 1 が登場 – HYPEBEAST (ブログ)



Nike(ナイキ)〉より、ブランドを代表する名作フットウェア2型であるAir Force 1Air Jordan 1をベースに、“平等性”を声高に主張する新作フットウェアが登場。

ひと目見てもらえれば言わずもがなだが、バスケットボールカルチャーを持つ両モデルのヒール部分に施されたのは日本語で“平等性”を意味する英単語“EQUALITY”の文字。〈Nike(ナイキ)〉は2017年2月に人種や宗教による差別のない世界を主張する“EQUALITY”キャンペーンを打ち出しているが、今回の2モデルもその一環としてリリースされる社会的意味合いを含んだフットウェアとなっている。

Air Force 1は全体を漆黒に染め上げたオールブラックカラーのモデルをベースにミッドソールのヒール部分に白で大きく“EQUALITY.”の文字をセット。一方のAir Jordan 1はシューズ上部と下部を分けた黒白のカラーブロックデザインが施され、ミッドソールのヒール部分に黒で“EQUALITY.”の文字が配されている。ちなみにAir Force 1のシュータン裏部分には、キング牧師ことMartin Luther King Jr.(マーティン・ルーサー・キング・Jr.)による有名な「I Have a Dream(私には夢がある)」の言葉を含む人種平等と差別の終焉を呼びかけたスピーチを行った日付がプリントされている。

まずはその2モデルのデザインを上のフォトギャラリーからチェックしてみよう。日本国内における発売情報はまだ明らかになっていないが、アメリカ本国では“キング牧師記念日(Martin Luther King Jr. Day)”として国民の祝日に定められている1月15日(現地時間)に発売開始とのこと。

併せて、遂にその日本国内における復刻リリース情報が明らかとなったAir Max 98の”ガンダム”モデルこと”Seismic Velocity”モデルについてもチェック。



Read Full Article

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す