「お茶の京都みなみやましろ村」道の駅全面オープン – 京都新聞



15日に全面オープンする道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」の開所式(8日、南山城村北大河原)
15日に全面オープンする道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」の開所式(8日、南山城村北大河原)

 京都府南山城村北大河原の道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」が15日、全面オープンする。府の東端の玄関口としてアピールしようと「お茶の京都博」の一環で同日、「イーストゲートオープンフェス」が開かれる。

 当日は記念式典に続き、午前9時にくす玉を割って道の駅をオープンする。フェスとして、茶を振る舞う「宇治茶BAR」や、茶の手もみ実演(午前9時半)、作詞作曲した里ロビンさんによるテーマソングの披露(午後1時)などが行われる。午後6時まで。

 同日からオリジナルデザインの「道の駅記念きっぷ」(180円)も販売する。

 同道の駅は、三重県伊賀市との府県境付近の国道163号沿いに開設。村や滋賀県、三重県を含む近隣自治体の特産品を扱う「のもん市場」や、村の食文化を楽しむ食堂「つちのうぶ」、地域住民のために食料品や日用品をそろえた「村民百貨店」などがある。道の駅TEL0743(93)1392。

【 2017年04月15日 10時15分 】

関連記事     

ニュース写真

  • 15日に全面オープンする道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」の開所式(8日、南山城村北大河原)

京都新聞デジタル版のご案内

地域のニュース


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す