初売りセールで買うコートは「定番×ひと癖」が正解



定番だけど普通じゃない「冬コート」を探せ!

定番だけどありきたりじゃない冬コート

定番だけどありきたりじゃない冬コート

本格的な冬セールがスタート。冬の寒さはこれからも続きそう。だから、セールで買って正解なのは、春先まで使える冬アウター。以前、ご紹介した「冬セール戦法の記事」も参考に、次の秋冬にも役立つ冬コートを手に入れてみては。

横並びになりがちなコートルックですが、定番だけどありきたりじゃないコートを選べば、着回しのバリエーションが広がります。

定番ダッフルコートは、ひと癖ある素材や色を

ダッフルコート

トグルボタンとふわもこ素材のコントラストが魅力 (c)Rie Miyata

船乗りや水兵にルーツを持つダッフルコートは風を跳ね返す防寒性が頼もしい。メンズに由来するので、タフな印象がありますが、こちらはもこもこ素材とホワイトカラーが普通じゃない。トグルボタンのメンズっぽさと、癒やされるふわもこ素材のコントラストが魅力。

性別にとらわれない「ジェンダーレス」のスタイリングがコート1着で手に入ります。このようなダッフルコート仕様でありながら、素材や色などが風変わりなタイプを見つけたらすかさず手を伸ばすことをおすすめします。

定番トレンチコートは、ドレス風を買い足し

トレンチコート

ハードさを遠ざけた色やフォルムの新顔トレンチ (c)Rie Miyata

ミリタリーから生まれたトレンチコートは、働く女性の通勤ウエアとしてもおなじみ。もともと軍服から派生しているので、武骨でマニッシュなイメージを帯びていますが、最近はハードさを遠ざけた色やフォルムの新顔トレンチが登場。

左の女性のような、ミルキーでロマンティックな色はトレンチをドレス風に見せてくれます。両袖に腕を通さず、肩掛けで羽織るだけでもソフトなムードをまとえます。トレンチでもこのようにロマンティックな色使いや柔らかい素材のものを選べば、ドレッシーに着こなせます。

定番ノーカラーコートは、柄物で差をつける

ノーカラーコート

やさしげな表情が魅力のノーカラーコート 

(c)Rie Miyata

じわじわと人気の広がりを見せているのが「ノーカラー(襟なし)」のアウター。襟付きに比べると、ぐんとやさしげな表情に映ります。冬はマフラーやストールなどの巻き物がかさばって、首周りが厚ぼったく見えがちですが、ノーカラーを選べば、デコルテ周りもすっきりした印象に。

ハイネックやタートルネックのセーターを着ても、厚みが出すぎません。無地でも構いませんが、こちらのようは柄物を選ぶと、あでやかさもアップ。コートの上からベルトを巻いてシルエットに起伏を出す小技が使えるので、着こなしのバリエーションも広がります。

「買い」の3アイテム、それぞれのメリット

・ダッフルコートでジェンダーレスな着こなしに

・トレンチコートで優美なシルエットがかなう

・ノーカラーコートで首周りすっきり着ぶくれオフ

コートは値段が高い部類の服だから、最終セールで買えれば、お得感が大きい。ベーシックな形や色のコートを買い込む人が多い分、「定番だけど普通じゃない」タイプのコートはセール終盤でも手に入りやすいのがポイント。ありきたりの着映えを抜け出せるので、その他大勢のコート姿に埋もれる心配もなくなりそうです。

【関連記事】

賢い「冬セール」の戦法!買うべき品の見つけ方

ダウンジャケットを野暮に見せない、愛用者が続々!

「ぬくぬくファー&ボア」アウター着こなし

冬のワイドパンツコーデ。アウターとの正解バランス

アウター必勝法!マストハブ6着の最新コーデ

【ガイドの最新情報】

宮田理江 公式サイト「fashion bible」




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す