黒人差別問題渦中の「H&M」 コラボアーティストの契約解消相次ぐ – WWD JAPAN.com



 米ラッパーのG・イージー(G-Eazy)は、黒人差別問題渦中の「H&M」との契約解消の意志を自身のインスタグラムで発表した。「H&M」が「Coolest monkey in the jungle(ジャングルで最もクールな猿)」とプリントされたフーディーを黒人のキッズモデルに着せて撮影し、同商品を画像とともに公式ECサイトで販売。あるSNSユーザーによって人種差別を糾弾されたことで炎上した。それを受けてまず米シンガーのザ・ウィークエンド(The Weeknd)が自身のツイッターで「H&M」とのパートナーシップ解消を決断したことを表明した。

 「H&M」はこうした動きを受けて1月11日夜、公式サイトに謝罪文を掲載した。しかし、その数時間後にG・イージーは王冠をつけた黒人キッズモデルが「Coolest king in the world(世界で最もクールなキング)」とプリントされたフーディーを着用した風刺画を、「ここ数カ月間、『H&M』とのコラボコレクション発売をとても楽しみにしてきた。だが残念ながら、昨日この不快な画像を見てからコラボプロジェクトへの情熱が泡のように消え、『H&M』とのパートナーシップを解消することを決めた。気づかずに見落としてしっまったのか、そうでなくても2018年で1番残念で不快な出来事だ。人種的かつ文化的にも無神経なこの画像がスタイリスト、フォトグラファー、クリエイティブチーム、マーケティングチームなど、多くの関係者が誰も気づかずに世に出てしまったことは到底受け入れられない。このような企業と自分の名前やブランドが関係を持つことが許せなかった。『H&M』や、その他の企業がこの状況で目を覚まし、人種的かつ文化的な意識を高め、あらゆるダイバーシティーを受け入れて正しい道を進んでくれることを願う」というキャプションとともに投稿した。「H&M」とG・イージーのコラボコレクションは3月1日に発売する予定だったが、残念ながら陽の目を見ることはなさそうだ。

 「H&M」は謝罪文で、「人種差別や偏見はさまざまな形で生まれてしまう。それが意識的、無意識的、意図的または偶発的であろうと認めてはならず、社会から根絶する必要がある。今回の出来事は、このような課題に細心の注意を十分に払うことができなかった」と今回の出来事が“アクシデント”だと説明。問題のフーディーは世界中で販売中止にし、リサイクルに回すという。

 「H&M」はこれまで、G・イージー、ザ・ウィークエンドの他、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)、ザラ・ラーソン(Zara Larsson)、デイヴィッド・ベッカム(David Beckham)といったアーティストやセレブとコラボしている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す