ジー・イージー、ザ・ウィークエンドに続き「H&M」との契約を解消 … – TVグルーヴ・ドット・コム



人気ラッパーのジー・イージーが、スウェーデン発の人気アパレルブランド「H&M」とのパートナーシップを解消することをツイッターで発表した。justjared.comなどが伝えている。

先日「H&M」が、オンラインショップで黒人少年のモデルに「ジャングルで一番クールな猿(Coolest Monkey in the Jungle)」と書かれたパーカーを着せたことで、“人種差別”だと批判の声が相次いだ。そんな中、「H&M」とコラボしメンズウェア・コレクションを発売した歌手ザ・ウィークエンドが激怒。今後、H&Mと仕事しないとSNSで宣言した。

ザ・ウィークエンドに続き、ジー・イージーも「H&M」とのパートナーシップを解消することをツイッターで発表した。

ジー・イージーは「この数か月間、『H&M』との新コレクションとコラボのローンチをとても楽しみにしていました。残念なことに昨日、心をかき乱すような写真を見てしまい、グローバルキャンペーンに対するぼくの興奮はすぐになくなってしまいました。そして私はパートナーシップを終わらせる必要があると決めたのです。2018年にこのようなことが起こりとても悲しく動揺しています。とても人種差別的で文化的に鈍感で、スタイリスト、カメラマン、クリエイティヴ&マーケティングチームなど多くの人々が見過ごしていたのでしょう。このようなことをする会社と提携して、自分の名前を使われることを許可することはできません。今回の件で、『H&M』や他の企業があらゆるレベルでもっと文化的、人種差別的な認識を持つことを願っています」とコメントした。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す