H&M人種差別問題でザ・ウィークエンドに続きジー・イージーもタイアップ終了宣言! – ニコニコニュース



H&M

ファストファッションブランドH&Mがオンラインショップに載せていた写真が人種差別的だと非難され謝罪。写真を削除し商品の販売を中止する事態となっていました。 問題の写真は黒人の少年に「ジャングルで一番クールなサル」と英語で書かれたパーカーを着せるというもの。 これに対して、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)ジー・イージー(G-Eazy)がタイアップの終了を宣言しています。

ザ・ウィークエンド「もうH&Mとは仕事をしたくない。」

ザ・ウィークエンド ザ・ウィークエンド(The Weeknd)が「今朝起きてこの写真にショックを受けて恥ずかしく思った。深く気分を害していて、もうH&Mとは仕事をしたくない。」とTwitterに投稿しています。

ジー・イージー「パートナシップを終了することを決断した。」

G-Eazy さらに、ジー・イージー(G-Eazy)も少年の絵の頭の上に王冠を浮かべパーカーの文字を「世界で一番クールなキング」に変更した写真をInstagramに投稿。 「今回パートナシップを終了することを決断した。」とタイアップの終了を宣言。 さらに2018年に多くのスタイリスト、フォトグラファーやマーケティングチームなど多くの人物が関わっているにも関わらず、人種的・文化的配慮に欠けた写真が掲載されることを悲しく思うと発言しています。

H&Mの謝罪文(英語)

▼RELATED
H&Mが世界的に注目を浴びる新鋭ラッパー「Gイージー」とのコラボコレクションをローンチ!!

H&M×ザ・ウィークエンド、本人出演キャンペーンムービーが公開!厳選メンズコレクションの着こなし披露!

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す