ロゴT&トップスをおしゃれに着こなす、人気ブランドのコーデテクをチェック – 財経新聞



 定番のブランドロゴトップスやロゴTシャツは、デザインによっては子供っぽくなったり、カジュアルになりすぎたり、意外と着こなしが難しい。そこで、人気ファッションブランドのロゴアイテムにフォーカス。おしゃれにブランドロゴを取り入れたコーディネートをピックアップして紹介する。

■ロゴTどう着る?

 ロゴアイテムの代名詞といえるブランドロゴTシャツ。ついついデニムパンツやチノパンなどベーシックボトムスを合わせがちだが、そんなときはドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)の2017-18年秋冬コレクションを参考に一工夫。いつもと同じTシャツ×デニムの組み合わせも、デコラティブなアウター、ボトムスを選べばオシャレに決まる。ラフなスタイルだからこそ、ネックレスやハイヒールで華やかさをプラスして。

 コーディネートを変化させるのではなく、ロゴTシャツそのものをリメイクする方法もある。お手本はグッチ2017年秋冬コレクションのランウェイルック。袖をカットオフしてノースリーブ風に、さらにボディに手書き風の文字を添えれば“ストリート風”にイメージチェンジ。

■ロゴワンピ&トップスで遊ぶレイヤードスタイル

 ロゴ付きワンピースは、デイリーワードローブの味方になるがコーディネートのアレンジが難しい。そんな時は、トミー ヒルフィガー2017年秋冬コレクションをマネして重ね着で遊んで。ロゴTワンピースに7分袖カットソーをレイヤード。さらにインナーのカラーラインと合わせて、ライン付きタイツ、ボーダー模様のニット帽などを組み合わせればスポーティールックが完成する。

 ケンゾー新コレクションでは、フリル付きのロゴトップスにハイネックトップスをセット。赤×青の刺激的なコンビネーションは、ロゴトップスの配色と合わせている。ボトムスも同じく赤×青のフラワープリントパンツを。キャスケット、バッグ、ソックスなどの小物もパンツの模様とあわせれば、全体に統一感が生まれる。

■“隠れロゴ”をワンポイントに

 ブランドロゴの使い方はブランドによってそれぞれ。前面にロゴを使ったウェアもあれば、さりげなくロゴを配したアイテムもある。例えばディオールのマリン風トップス。裾に配したDIORの文字が浮かび上がり、ワントーンコーディネートのアクセントに。

 同じくロエベからも隠れロゴアイテムが2017年秋冬コレクションから登場。こちらはニットの中に「LOEWE」のロゴを隠した“憎いデザイン”。首元を彩るブランドロゴはネックレスのようで、コーディネートに華やかさをもたらしている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す