ルイ・ヴィトン、デザイン・マイアミで「オブジェ・ノマド コレクション」の新作発表 – Fashionsnap.com



 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、旅からインスピレーションを得た「オブジェ・ノマド コレクション」の新作を、12月6日から12月10日までに開催されるマイアミのデザインフェア「デザイン・マイアミ 2017」で発表する。

 新作では、フェルナンドとウンベルト・カンパーナが手掛けたターコイズカラーの「ボンボカ・ソファ」が登場。雲の形やカラフルで丸いシーアップル(ナマコの一種)から着想を得たモジュール式ソファで、ブラジルの結婚式などで提供されるスイーツにちなみ「とてもおいしい(良い)」という意味が込められている。ソファーには、ジグソーパズルのように取り外し可能なクッション8個をレザーで覆われたシェルの中に配置。レザーはルイ・ヴィトンのバッグに使用される素材を採用しており、クッションにはブルーやターコイズ系の5種類のカラーを組み合わせたファブリックやベルベットが用いられている。

 このほか、アトリエ・オイが手掛けた「スウィング・ボート」や「ベルト・チェア」、 レザーのストラップをねじらせた「スパイラル・ランプ」、パトリシア・ウルキオラの「パラヴァー・チェア」、インディア・マダヴィ によるレザー象嵌細工の「タリスマン・テーブル」、マルセル・ワンダースが制作したロッキングチェア「ルーン・チェア」と「ダイヤモン ド・スクリーン」なども展示。これらは「デザイン・マイアミ 2017」で展示されるほか、マイアミの「ルイ・ヴィトン」店舗でも新作の一部が公開される。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す