マクラーレン、2018年のF1チームロゴを公開 – F1-Gate.com



F1 マクラーレン

マクラーレンは、2018年のF1チームロゴを公開。チーム名にパワーユニット供給元であるルノーの名称は含まず、「マクラーレンF1チーム(MCLAREN F1 TEAM)」として参戦する。

マクラーレンは、昨年までワークスパートナーのホンダの名称を含めた「マクラーレン・ホンダ」として参戦していたが、2018年にマクラーレン・ルノーと呼ばれることはない。

ルノーのロゴは、マクラーレンのピット設備やマシンに掲載されるのみとなる。

今回、マクラーレンが公開したロゴは、黒一色のシンプルなもの。スウォッシュもグループ全体のロケッドレッドではなく、ブラックとなっている。

マクラーレンは2018年もタイトルスポンサーがつかないことを明らかにしており、MCL33はチームの伝統カラーであるパパイヤオレンジのカラーリングが採用されるとされている。

同じくルノーのカスタマーであるレッドブル・レーシングは、パワーユニットの名称をタグ・ホイヤーに変更している。長年マクラーレンのスポンサーを務めてきたタグ・ホイヤーは、2016年にレッドブルにスポンサー先を変更している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す