機械式ムーブメントにも取り替えられるタグ・ホイヤーのスマートウォッチ『コネクテッド モジュラー45』 – エキサイトニュース



タグ・ホイヤーは、新しいスマートウオッチ『コネクテッド モジュラー45』の発売を開始した。このモデルは本格的なスマートウオッチとして初のスイス製、モジュールコンセプトのコネクテッドウオッチ。150年以上にわたるスイスの時計製造技術と、最新のテクノロジーが融合したユニークなシリーズといえる。国内では3月末にかけて順次入荷予定。価格は17万5000円(税抜)から。

まずスマートウオッチとしては、Intelとの共同開発モデルとして、Intel Atomプロセッサ Z34XX シリーズに加えて50m防水、GPS、決済用のNFC センサー、驚くほど高解像度なAMOLED画面、幅広い選択肢から無限にカスタマイズ可能な文字盤といった機能を装備。OSとして搭載されたGoogleのAndroid Wear 2.0 と同社の新しいアプリ「Companion」が、操作性を格段に向上させている。製作にあたり、デザインの妥協は一切なく、チタン、セラミック、ピンクゴールドなど、 高品質の素材だけを使用。ディテールにも細心の注意が払われている。

そして『コネクテッド モジュラー45』最大の特徴となるのが、そんなデジタル式コネクテッド モジュールを、高級時計の機械式モジュール、具体的には、3針やCOSC認定クロノグラフ・トゥールビヨンに取り替えることができるのだ。それも素材と色の豊富なバリエーションにより、幅広いみ合わせが可能で、ラグ、ストラップ、バックルなどに関しても、このモジュールコンセプトが適用される。そのバリエーションは、コア10種類に、オーダーできる46種類の計56種類。同社では、この新作を「気分に合わせて自由に時計を交換できる、パーフェクトな高級時計」と説明している。

■製品詳細は動画をチェック

関連情報

http://www.tagheuer.com

文/編集部




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す