長澤まさみ ショパールの11億円アクセ…来年の目標は「人の目に留まるように」 – デイリースポーツ



 女優・長澤まさみ(30)が12日、「エル シネマ大賞2017」のベストアクトレス賞に選ばれ、都内で行われた授賞式に出席した。

 ファッション誌が主催とあって、長澤はフェンディ、他部門受賞者の中条あやみ(20)はシャネル、坂口健太郎(26)はグッチ、河瀬直美監督(48)はランバンと、それぞれ超高級ブランドを着用。アクセサリーは長澤が身につけたショパールの11億円を筆頭に、4人総額14億円分を輝かせて、ゴージャスな雰囲気を漂わせた。

 長澤は今年、黒沢清監督がメガホンをとり「第70回カンヌ国際映画祭」に出品された主演作「散歩する侵略者」や、吹き替え声優を務めた「SING/シング」など4本に出演し、「映画漬けだったと思います」と充実感。「この仕事は、自分が何をやってるか分からなくなる孤独な作業。賞をいただけるのは、『このまま頑張れ』と言ってもらえてる気がして、とてもうれしいです」と栄冠を糧にした。

 「来年は『この人、面白い、何か楽しい、気になる』と思ってもらえる作品作りができるよう努力して、人の目に留まることができれば自分らしいかな」と銀幕への決意を新たに。カンヌの“常連”でもある河瀬監督からは、「黒沢さんとも是枝(裕和)さんともやられているのに、なんで私とやらへんの?」と嫉妬交じりに、出演ラブコールを送られていた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す