NEAPOLIS——2018年春夏は、シャネルが誘う永遠の都・ナポリへ。 – VOGUE JAPAN



紺碧のティレニア海のきらめきを背景に、壮大なヴェスヴィオ火山の麓、その悠久の栄華を讃える麗しの都・ナポリ。2018年春夏は、グローバル クリエイティブ メイクアップ&カラー デザイナーのルチア・ピカが、美しき故郷・ナポリへと世界中の女性たちを誘います。



年代を問わずあらゆる女性をエレガントに彩るコレクション。
ルチア・ピカ
シャネル グローバル クリエイティブ メイクアップ&カラー デザイナー ルチア・ピカ Photo: Masaya Takagi
「ナポリはかつて「パルテノペ」と呼ばれていました。それは、船乗りたちを美しい歌声で誘惑し、ひとりの男を愛するがあまり海に身を投げた神話のセイレーンの名前。その身体が打ち上げられた場所が今のナポリだなんて、とてもロマンティックでしょう?」

そんなナポリで生まれ育ったルチア渾身の新コレクションは、彼女の故郷への愛と情熱、そしてナポリを彩るもの全てからインスパイアされた知的なアプローチが魅力だ。

「海や空の色、街角の壁からポンペイの壁画といった歴史建造物まで、ナポリの全てを私の感性を通して使いやすい色やテクスチャーに変換しました。日本女性の顔立ちはとても強くてエレガントですし、本当に美に恵まれている。だからもっと自由に、もっと大胆に色で遊んで欲しい。きっと生まれ持った日本女性ならではのエレガンスを引き出してくれるはずですから」

エレガンスの切り札は、ブラウンの“アンダートーン”。
エレガンスの切り札は、ブラウンの“アンダートーン”。
Photo: (C)CHANEL
ナポリの全てが詰まっています、とルチア自身が語るコレクションのアイコン。光と影、聖と俗、そして古代と現代が交差しながら、悠久のローマンカラーで目元を染め上げる。

「今回の9色パレットはシャネル初の試み。特にマットブラウンをベースに仕込むと、色を重ねやすく仕上がりがより美しくなるので私自身よく使います。おすすめはパンソー デュオ ポピエール(ブラシ)を使うこと」。計算し尽くされたマット、サテン、メタリックの3つの質感と3つのシェードが、より自由で繊細な目元の表現を実現する。

レ ヌフ オンブル エディシオン N°1 ¥10,500<特別限定品>(1月26日限定発売)

まるで“キスされたばかり”のような、魅惑のリップに。
まるで“キスされたばかり”のような、魅惑のリップに。
ポンペイのフレスコ画の赤が、唇を華麗に彩って。Photo: (C)CHANEL

「唇という”キャンバス”をなめらかに整えるため、まず指か付属のブラシでバームをのばしてから、チップアプリケーターで繊細な赤のパウダーをのせて発色を調整して」。自身は赤が一番似合う、というルチアのとっておきのレシピは、410のパウダーとルージュアリュール ヴェルヴェットの#66の組み合わせ。より鮮やかな発色が楽しめるそう。

<上から>プードゥル ア レーヴル  410 、415 各¥4,400<特別限定品>

ナポリの大地が生んだカラー。
ディマンシオン ドゥ シャネル 50 オンブル プルミエール クレーム 824
メタリックな輝きがエレガント。Photo: (C)CHANEL

「グリーンのクリームアイシャドウは歴史建築物のドアの鋲から、マスカラのメタリックな質感はヴェスヴィオ火山の溶岩からインスパイアされました。アイシャドウは指でのせればより自然な仕上がりに」。また、レ ヌフ オンブルのアンダーカラー(下地)としてもおすすめ、とも。ガンメタルのマスカラの輝きをプラスすれば目元は完璧。

<左>ディマンシオン ドゥ シャネル 50 ¥4,200 <右>オンブル プルミエール クレーム 824 ¥3,900

美の女神・アフロディーテの碧を、唇に。
美の女神・アフロディーテの碧を、唇に。
数々の神話を生んだティレニア海のフレッシュでロマンティックなブルーを、唇にのせて。Photo: (C)CHANEL

「ティレニアの海の碧と、空の青が溶けあう美しい光景は、今でも私の記憶に鮮明に残っています。パルテノペ、という美の女神の名前で呼ばれていたナポリには、古代と現代のありとあらゆる色彩があふれているのです」。プードゥル ア レーヴルの仕上げにアフロディーテのブルーのをのせれば、より深みのあるツヤやかで上品な唇に。

ルージュ ココ グロス 792 ¥3,600

指先を彩る、“日曜日の想い出”。
指先を彩る、“日曜日の想い出”。
大人の女性にふさわしいほどよい甘さが魅力、バリエーション豊富になったネイルカラー。Photo: (C)CHANEL

「子供の頃、日曜日に父が家族をよくプロチダ島に連れて行ってくれました。そこにはとてもカラフルなパステルの家が並んでいて、ワクワクしたことを思い出します」と今季よりレギュラーに加わった初のパステルネイルについて語るルチア。少女の甘く美しい日曜日の想い出は、普遍のエレガンスを宿したカラーへと昇華。

<左から>ヴェルニ ロング トゥニュ 588、590、592、634 各¥3,200(1月26日発売)

Recommend 編集部おすすめの関連記事

Back Number バックナンバー


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す