3万円代で買えるシチズン発の低価格ウオッチ「クラブ・ラ・メール」――海を感じるクラシカルモデルが新登場!(GetNavi web) – 毎日新聞



情報提供:GetNavi web

“手の届く機械式時計”をコンセプトに1984年に誕生、2016年に再デビューしたシチズンの「CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)」。8月17日(木)発売予定の新モデルも、価格は3万円代と揺るぎないコンセプトのもと低価格を実現しています。

20170821_hayashi_WN_01

小ワザが効いた魅力的な文字盤

新作はブランド名の「海=LA MER」を想起させる4モデルがラインナップ。500本限定の「Sailing Tradition」の2モデルと、伝統に基づいたトラッドなデザインと機械式時計のマッチングが楽しめる「Navy Blue Series」の2モデルです。

↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万2400円/Ref.BJ7-018-60/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ11mm(設計値)↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万2400円/Ref.BJ7-018-60/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ11mm(設計値)

航海をイメージしたブルーとーグレーが基調の「Sailing Tradition」の文字盤は、一定の細長い筋状模様が入れられるヘアライン仕上げで研磨。これにより、時計を見るときの手首の角度で文字板の表情の変化を楽しむことができます。

羅針盤をイメージしたミニッツトラックの採用によって、クラシカルさが強調されているのも本モデルの特徴です。

↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万4560円/Ref.BJ6-011-60/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ12.4mm(設計値)↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万4560円/Ref.BJ6-011-60/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ12.4mm(設計値)

限定モデルの証として、文字盤に記されたブランドロゴの下には、ブランドモットーである「Noli Metuere(恐れるなかれ)」が表記されています。

「Navy Blue Series」は日の差し込む紺碧の海をイメージしたネイビーカラーで文字盤に彩りを。まるで太陽光が放たれているかのような美しさを演出するサンレイ加工が施されているので、動きによって放射線状に輝やく光の変化が楽しめる1本です。

↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万2400円/Ref.BJ7-018-71/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ11mm(設計値)↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万2400円/Ref.BJ7-018-71/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ11mm(設計値)

↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万4560円/Ref.BJ6-011-71/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ12.4mm(設計値)↑シチズン「クラブ・ラ・メール」3万4560円/Ref.BJ6-011-71/自動巻き+手巻き/日常生活用防水/直径38mm、厚さ12.4mm(設計値)

現代らしいシンプルモダンなデザインとシチズンこだわりの技術で作られた「クラブ・ラ・メール」。若い世代や、機械式の時計に馴染みがないという方は、“初めの1本”として手にしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
【腕時計の素朴な疑問】同じ機械式時計でも「自動巻き」と「手巻き」ではトラブルの発生箇所が違う?
絶妙バランスの3モデル! 「マーベリック」のニューフェイスは気品を携えたオールブラック
ハイテク化で2大ジャンルが突出! 時計界を熱くするクオーツ時計たち
いつかは手にしたい超一流時計! 名実ともに傑出した憧れの雲上ブランド4選
【腕時計メンテ術】愛機の寿命を縮めることに!? 真夏にやりがちな“あるある”NG行為4選

情報提供:GetNavi web




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す