英女王、金の馬車の乗り心地は「ひどい」と告白 異例の番組出演で – AFPBB News



【1月9日 AFP】英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II、91)が、BBCのドキュメンタリー番組に異例の出演を行い、戴冠式の際に使用された金の馬車について、実は乗り心地が悪いと告白した。8日に放送された番組の予告編で明らかになった。

 1821年のジョージ4世(George IV)の戴冠式以来、全ての英君主が即位の際に使用してきた「ゴールド・ステート・コーチ(Gold State Coach)」の乗り心地についてエリザベス女王は、「ひどいものです! ばねの上に革が張ってあるだけ。あまり乗り心地の良いものではありません」と明かした。

 18世紀に金をふんだんにあしらって製造されたこの馬車は、2002年の女王即位50周年記念式典など、戴冠式以外の公式行事でも使用されてきた。

 番組予告編によると、女王はこの他「クラウンジュエルズ(Crown Jewels)」と呼ばれる、王冠などの宝器にも言及。「クラウンジュエルズには欠点がいくつかありますが、それを別にすれば非常に大切な物です」と話している。

「戴冠」と銘打ったこのドキュメンタリーは、父親のジョージ6世(George VI)の崩御を受けて現女王が即位した歴史的な日である1953年6月2日に焦点を当てている。

 エリザベス女王は世界最高齢の国家元首であると同時に、英歴代最長の在位期間を誇る。(c)AFP




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す