MonoMax創刊10周年記念号―品切れ続出のCOACH万年筆&ボールペンセット付き – ダ・ヴィンチニュース



『MonoMax』2018年1月号(宝島社)

 30~40代の男性に多く読まれているモノとトレンドの情報誌『MonoMax』2018年1月号(宝島社)が2017年12月9日に発刊された。この2018年1月号は『MonoMax』の創刊10周年記念号だ。本誌は、創刊10周年記念付録として、COACH(コーチ)万年筆&ボールペンセットを読者にプレゼントしていることもあり、各店舗で売り切れが続出している。

■買い物をするのが難しいこの時代に「いま本当にいいもの」10選を紹介

 モノがあふれる今の時代、様々な情報に惑わされて、何を買っていいのか、何が本当にいいものなのかを判断することが難しくなっている。本誌は、モノとトレンドの雑誌であるが、先に述べた時代背景から、多種大量のものを一挙に紹介するスタイルではなく、編集部が厳選した少数の本当にいいものを丁寧に紹介するスタイルをとっている。今号は10周年記念号の「10」になぞらえ「いま本当にいいもの」を10個ピックアップした。

■創刊10周年記念付録―COACH(コーチ)万年筆&ボールペンセット

『MonoMax』誌で毎度おなじみの付録。今号は創刊10周年を記念した特別付録―COACH(コーチ)万年筆&ボールペンセットを読者の皆さんにお届けしている。カーキのペン軸のボールペンとネイビーのペン軸をもつ万年筆。クリップや首軸部分はシルバーでまとめ、シックで高級感あふれるデザインとなっている。この2つを収納しているブリキ製のケースもペン軸と同様にカーキとネイビーの配色を用いて統一感をもたせている。このケースは中敷きを取り除けばペンケースのみならず小物入れなどのインテリアとしても用いることができるようだ。

 本誌、『MonoMax』1月号・創刊10周年記念号は、発売してすぐに、創刊以来最高部数の30万部を完売してしまったようだ。しかし、2018年1月10日発売の『MonoMax』2月号も豪華付録―ナノ・ユニバースの長財布―を付けて、読者に最新の「いま本当にいいもの」情報を届ける予定だ。本誌を参考に、「いま本当にいいもの」を選んでみてはいかがだろうか。

文=ムラカミ ハヤト




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す