Spotify 新ブランドCMが12/22放映開始、俳優・村上虹郎があっこゴリラの曲にあわせてリズムを刻む – musicman-net



Spotify 新CM

Spotifyは、若手俳優 村上虹郎を主演に起用し、注目の女性ラッパー あっこゴリラの楽曲「ゲリラ × 向井太一」を使用した新しいブランドCM「今のサントラ・年末年始の実家」編を、12月22日から全国地上波テレビにて放映する。

「すべての瞬間にサウンドトラックを」をコンセプトに制作された本CMは、年末年始の帰省先での家族の姿を通じ“音楽があれば日常のどんな瞬間も少しだけ良いものに変わる”というメッセージを訴求する。

CMのストーリーは、両親とともに帰省した祖父母の家で、こたつを囲みながら漫然と過ごしていた主人公(村上虹郎)が、持っていたスマートフォンでSpotifyを立ち上げ、あっこゴリラの「ゲリラ× 向井太一」を聴き始めると、こたつのある退屈な空間がHIP HOPが流れるダンスフロアのように変化していくというもの。

またSpotifyはTVCM放映に先駆け、CMをモチーフにした新しいプレイリスト「こたつとヒップホップ」を本日より公開。「年末年始に実家に帰省しても、家族との会話が見つからない」そんなユーザーにおくるヒップホップ満載の楽しいプレイリストになる。

さらに、ブランドCM放映の前夜の12月21日 19:00からはSpotify公式ツイッター 「@SpotifyJP」にて、一夜限りの特別なライブ配信イベント「Spotify Special Twitter Live “#今年のサントラ“」を実施。イベントでは、MCを務めるあっこゴリラ、古坂大魔王が多彩なゲストと共に一年を振り返るトークを繰り広げると共に、視聴者からの寄せられる今年のエピソードツイートに対し、今年のサントラとしてぴったりな一曲をセレクトし、ライブで返信していく。

村上虹郎 コメント
今回のCMの舞台は一家団らんの風景でしたが、欲しい音楽と美味しいミカンと居心地の良い空間に浸り、
「家かな、ここは」と思いながら楽しく撮影させていただきました。今年は母親のツアーにもかなり足を運びました。
僕の好きな音楽は両親の影響が強いですが、やはり1970年代の音楽が原点です。
プレイリストが年代やジャンルで細分化されているSpotifyは、音楽を掘っていきたい時に面白いですね。

あっこゴリラ コメント
時計の秒針、換気扇がまわる音、踏切、足音、雨の音。
日々の暮らしの中にリズムが沢山あって、自分の気分と共にそれらがグルーヴする瞬間。
幼い時によく感じていたあの現象を曲にしたくて、作ったのが「ゲリラ」。
出来上がったCM映像を観て、何も話してないのにリンクしまくってて驚きました。
ニクいしかけがいっぱい入ってるので、何度も観て楽しんでください。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す