【特報】GMO ECカンファレンス〜ブランドに学ぶECサイト運営/Instagramが酒造企業にもたらした栄光 – ECのミカタ



 一昨日、GMOインターネットは「GMO ECカンファレンス2017」を開催した。GMOは言うまでもなく、 そのグループの中で、MakeShopやカラーミーショップといったカートシステムの他、GMOペイメントゲートウェイやGMOペイメントサービスのような決済に関わるサービスを提供する中で、多くのECサイトと接点を持っている。

 日頃、彼らが抱くECサイトへの想いを、このカンファレンスを通して、自ら発信し、そして、また、ECサイトの各々のビジネスに生かしてもらおうと言う一つの決意がここにはあり、数々のセミナーがここには用意された。

 例えば、冒頭のセミナーでは、「MakeShop人気店の店長さん達と向畑社長がホンネで語り合う、EC戦国時代に勝ち残るための極意」と題して、向畑社長が自らショップとトークを行い、ECサイト運営の裏側に迫った。

 MakeShop人気店の店長というのは、ダーツショップを運営するアールオーエヌ取締役の中野洋さん、卸スタジアムといった卸売のECサイトを運営するオールスタジアムの代表取締役の八巻宏さん、Capanaというアクセサリーサイトを運営するバモラジャパン代表取締役の柄沢雅之さん。あくまで、向畑社長はモデレーターであり、ECサイトによる、ECサイトの為のイベントといった印象だ。

 人気となるには理由があって、例えば、Capanaで言えば、広告を出さずとも、SNSを活用することで、効果的にアピールすることができるとしていて、人間の心理をうまくビジネスに生かしている。バモラジャパン柄沢さんは、こんな一例を持ち出した。「ブランドでルイヴィトン(LV)が、何故、大都市のど真ん中で、商品の売り込みをするわけでもない、イメージ広告を出しているのか」と。

一流ブランドが何故に支持されるのかに、着想を得たとある店舗のエピソード

  それをバモラジャパン柄沢さんはこう分析するのだ。最初からターゲットを富裕層で意識していて、自分達が持っているそのブランドがそうしたシーンで、広告として使われていることで、それを街中で見たときの自分達が自分達のステータスを感じて、その広告に誇りを持って見ているからこそ、また、改めてそのブランドの商品を買おうという心理になると。

 では、人々がそんな風にしてどうやれば、優越感のような感覚を持てるようになるのか、ここにCapanaの人気の秘訣があるのだ。そこで、Capanaでは「贈った時や、紹介された時に、受け取って喜ばれるブラ

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。

登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す